コギオヤ diary

折り返しの人生模索中

散歩の必需品

 

ポーちゃんのお散歩に欠かせないもの

それは、この伸縮リードです。


f:id:cogioya:20200127222010j:image

ポーちゃんは、

むやみに引っ張る子ではありませんが、

たまに急に引っ張ることもあります。

油断をしている時だと、

肩や肘を痛める事もありました。

このリードがあれば、

そんなこともありません。

ただし、人や車が通る時には

必ずロックをしています。

後悔先に立たずですからね。

 

 

f:id:cogioya:20200127221637j:image

そして、これは

ポーちゃんのエチケット袋です。

私が作りました。

針金ハンガーを伸ばしてから、

二重丸の形に曲げ

そこに袋を縫い付けます。

(袋にはかごめという模様を

  刺し子してあります。)

丁度、卓球のラケット位の大きさの

虫取り網のようなものが出来ました。

そこにビニール袋をセットしてあります。

 

これで、ポーちゃんが催したら、

物が下に落ちる前に受け止めます。

下に落ちて、草や土が付く前に

受け止めるので、とても楽なのです。

 

難は、持って歩くのが、

少々恥ずかしい事です。

が、効率的と思ったら、

人目を気にしない

AB型なので、平気です。

 


f:id:cogioya:20200129001622j:image

「お世話おかけしてます。」

 

 

野焼きと環境保護

今日、ポーちゃんと散歩をしていたら、

空気にかすかに煙の臭いがしました。

 

昔は、田園地帯では、

野焼きが普通でした。

作物を作れば、茎や、葉っぱなど、

食べられないところもあります。

草刈りをすれば、

枯れ草が出ます。

それを、田んぼや畑で

そのまま焼いてしまうのです。

残った灰は肥料になりますし、

燃やしたときの熱で

土壌の殺菌消毒、害虫駆除もできます。

 

けれども、環境保護の観点から、

市の条例で、野焼きが禁止になりました。

もう、10年以上前からです。

今ではほとんど

野焼きは行われていません。

 

お米を脱穀した後の籾殻を焼くときに

アルミホイルに包んださつま芋を

なかにいれておくと、

とっても美味しい焼き芋が出来ました。

美味しかったなぁ…………

 

 

 

はっ、

とにかく日本は

10年以上前から、

CO2削減に努力していること、

グレタさん、わかってね。


f:id:cogioya:20200127093118j:image

 

「そんなに美味しかったんですか?

   ポーちゃんも食べたかったです。」

 

 

 

おばさんの呟き

俳優の東出くんが、

不倫をしていたらしい。

 

東出くんと書いたが、

私は、彼のことが、結構好きであった。

背が高くてイケメン。

おばさんにとって、それは正義である。

感情の感じられない台詞回しも、

『木訥な演技なのね♥️』

と、思っていた。

 

けれども『不倫をしていた』

となると、話は別である。

 

一般におばさんは不倫が嫌いである。

決して自分に相手がいないことが

悔しいわけではない。

 

妻という立場が脅かされる事に

対する不快感だという説もある。

 

難しい事は、わからないが、

何より妊娠、出産、育児

その、凄まじい大変さ、

夜も眠れないくらいの忙しさ。

それを経験しているおばさんとして、

その最中の旦那さんの浮気は、

例え、他人の旦那さんでも

許せないものがあるのだ。

 

東出君のせいで、

ワンオペ育児で、

大変だった頃の事を思い出してしまった。

今晩、私の夫はなぜおかずが

買ってきたコロッケだけなのか

悩むことになるであろう。

東出くんのせいである。

 



f:id:cogioya:20200126235138j:image
そんなことより、

もう一度ファンヒーターを付けて欲しい。

 

 

人間関係の助走

以前、

しつこいお客様に捕まった私を

助けてくれた

水戸黄門に出てくる助さん格さん』

のようだった店長について書きましたが、

それ以来、店長とは、

至極良い関係が続いています。

 

きっと、

私の気持ちの持ちようなのでしょう。

きっと店長は変わっていないけれど、

私の店長に対する信頼感が

大きくなったために

ピリピリと神経を使わなくてよくなった

という感じです。

 

あ、こうして言葉にしてみると、

店長は変わっていないのに

私の人見知りが、

私の人間関係のネックであった。

とわかりました。

 

自分で自分の首を絞めていたのかしら?

いえいえ、人見知りの期間は、

私にとっては大切な助走期間だった

と、思います。

 



f:id:cogioya:20200126072011j:image

「助走、長いね。」

 

 

 

 

 

 

下手な鉄砲

先日、友人のHさんと話していて、

「ペットの写真を見せて。」

と、言われました。

 

「はいどうぞ。」

スマホを渡すと、

(何しろ、私のスマホのギャラリーは

 ほぼポーちゃんとまぉさんの写真です。

 見られて困る物は

 皆無と言って良いでしょう。) 

写真を見たHさんは、

「同じ写真がいっぱい。」

と、びっくりしていました。

そうです。

私はいっぱい撮っています。

いっぱいの中から、

1番かわいく撮れた写真を

皆様にお見せしています。

今日のベストショットです。

 


f:id:cogioya:20200125001154j:image

「雨が止んで良かったです。」


f:id:cogioya:20200125001322j:image

「どこへも行かずに

 まぉさんを抱っこしてなさい。」



フィットネスのごほうび

「がんばってる俺たちには
 ご褒美が必要だ。」
のりちゃんが買ってきたのは、
とっても美味しそうなチーズケーキ。

f:id:cogioya:20200124000631j:plain

何をがんばっているかと言うと、
リングフィットアドベンチャーと言う
フィットネスをゲーム感覚で出来るゲームです。

車のハンドルのようなリングを持って、
柔軟をしたり、
リングをエキスパンダーのように
使ってフィットネスをします。

これを初めてもう一月半ほどになります。
残念なことに体重は減っていません。
原因は先程の写真にある
と言っても良いでしょう。

でも、肩こりや、腰痛がないのは、
このせいかもしれまなせんし、
冷え性が楽なのも温暖化のせいばかり
でもない気がします。

忠臣か 言い訳か

私がお風呂から出てくると、
我が家の木下まぉ吉郎が、
椅子に置いておいた
私のパジャマに乗っていました。


f:id:cogioya:20200121070648j:plain

「乗っていたんじゃないの。
 暖めておいてあげたのよ。」

「まぉ吉郎、ご苦労であった。」
ところで寒いんですけど
パジャマ返してください。

完全復活の余波

年末年始に調子が悪かった

我が家の愛犬、

ウェルシュコーギーのポーちゃん。

 

心配しましたが、

今は、とっても元気になりました。

 

けれども、ひとつ

困ったことがあるのです。

 

去年膀胱結石除去の

手術を受けたポーちゃんは、

普段、厳しい食事制限をしています。

 

食べるものは、pHコントロール

ドッグフードのみで、

量もしっかりと決められています。


 

ポーちゃんは、とっても食いしん坊。

いつも

「お代わり欲しいなぁ。」

という顔をします。

いつもは、心を鬼にして

決められた量しかあげていませんでしたが、

結石は3日や5日で出来るわけではありません。

 

でももし、このまま………としたら、

食事制限になんの意味があるでしょう。

 

私は、ポーちゃんの好きな

フルーツをあげたり、

フードのお代わりをあげたりしていました。

 

元気になった今、

ポーちゃんの期待の眼差しに

やめ時が、見つけられません。

 


f:id:cogioya:20200119193126j:image

 「当然、お代わりをくれるんですよね」

 

親バカ2

我が家のプリンセス 
サビ猫のまぉさんは
顔は、強面、
お世辞にもかわいいとは言えません。

でも、いいんです。
まぉさんは、頭がいいのです。

押しかけ女房のように
我が家にやって来たときから、
甘えん坊になった今まで、
噛まれたことも
ひっかかれたこともありません。

そして、年をとって甘え上手になりました。
今日もリビングで寝ていたまぉさん、
目が覚めて、私がいないことに気付きます。
すると、にゃーにゃー鳴きながら、
家中私を探して回ります。

内職をしているときなどは、
直ぐにドアを開けてあげられないので、
居ないのだと思うのか、
あきらめてリビングに戻ります。

「まぉさん、お母さんここよ。」
と呼ぶと、一気に階段をかけ上がってくる、
それがほんとにかわいいです。



f:id:cogioya:20200119072512j:plain

ポーちゃん 完全復活


年末年始、少し老いが見えたポーちゃんですが、

なんの、完全復活です。

私がウッドデッキへのサッシの鍵を開けると、

以前のようにウッドデッキに飛びついてきました。

 


f:id:cogioya:20200117130108j:image

本当は、腰に悪いので、

あまりやってほしくない事ですが、

元気な証拠と嬉しくなります。

 

散歩もふらついたり、足を引きずる事もなく、

さっそうと歩きます。

元気になって本当に良かった。

 

年末には、離れて暮らす次男のなっきに

「1度顔を見に帰って来たほうがいい。」

と、連絡したのです。

仕事で毎日朝早かったり、

帰りも遅くなったりしているらしいなっき。

もしかしたら、

最後に立ち会えないかもしれない

と、思ったからです。

杞憂で本当に良かった。

 


f:id:cogioya:20200117130843j:image

「まだまだ、元気ですよ!」

その調子でお願いします。