コギオヤ diary

折り返しの人生模索中

住みたい街

下に風と書いて『颪』
冬の辛い風として、六甲おろしは有名です。

私の住む街にもおろしがあります。
伊吹おろしです。
冬になると、午後にはいつも
伊吹山から吹き下ろす
強い西風が吹きます。

高校生のころ、
私の家は市街地の西のほうにあり、
学校は、一番東にありました。
毎日八キロほどを自転車通学していました。

冬になると、帰り道は、風との戦いでした。
特に、切り通しという
堤防と堤防の間、河川敷を走る時は
ペダルに全体重を乗せても前に進まない
という悲惨な状態です。
女の人などは早々に諦めて、
自転車を押して歩いていましたが、
はっちゃき女子高生だった私は、
意地になって自転車を漕いでいました。

また、切り通しは、街灯もなくて暗く、
風でセーラー服のスカートは
腿までたくしあがり、
酷いことになっていました。

そんななので、怪しい車に
付きまとわれることもありました。
「乗ってかな~い。」
などと、窓を開けて言ってきますが、
こちらは、風との戦いに必死でしたから、
(こっちは、それどころじゃないんだよ!)
と、怖いとも思わずにペダルを踏んでいましたので、
車もしばらく並走して
女子高生の太ももを楽しんだ後
去っていきました。

今から思うと、恐ろしいことです。
親は何をしていたんだ!


進学で、地元を離れると
その風が地元だけの
クレイジーなものと知りました。
さすが古都奈良、
雨もじょうじょうと降るんだな。
と、変に感服しました。
奈良では、あんな強い風は、台風の時だけでした。
いやいや、台風の方が、負けてるくらいでした。
ごうごうと吹く風を平気で見ている私を
級友は不思議がりました。

今、生まれた街に帰ってきて、
やっぱり地元はいいなぁ。
と、思います。
でも、もし私が他所の生まれなら、ちょっと 
「かなんなぁ」
と、思うでしょうね。

f:id:cogioya:20191112055818j:plain
「お外暮らしは 大変だったわ。」





書籍化記念! SUUMOタウン特別お題キャンペーン #住みたい街、住みたかった街

書籍化記念! SUUMOタウン特別お題キャンペーン #住みたい街、住みたかった街
by リクルート住まいカンパニー

季節外れの鳴き声

今日、我が家の愛犬、

コーギーのポーちゃんと、

朝の散歩を楽しんでいると、

ひばりがさえずりながら

空に舞い上がりました。

とっさに私が思ったことは、

「絶倫のひばりか?」

と、いうものです。

お下劣ですみません。

 

(ウグイスや、ひばりなど、

季節を感じさせる鳥の鳴き声は、

繁殖期にメスを呼ぶために

高らかに歌い上げるのです)

 

朝晩、寒いと感じるほどになったのに

なぜ元気に歌っているの?

 

返事はありません。

もしかしたら、空耳だった?

と、思いはじめたころ、

もう一度鳴いてくれました。

 

僕はここにいるよ!

って。

君の思い、受け取ったよ。

メスのひばりじゃなくてゴメンね。

 


f:id:cogioya:20191110090134j:image

「ポーちゃんもひばりではありません。

プロポーズはお断りします。」

 

猫の平衡感覚

猫を逆さまにして落とすと、
空中で、体を捻り、上手に着地する。

常識です。
猫を飼ったことのある子供は、
一度は必ず自分の目で
確かめたことがあるでしょう。
私も子供の頃、やりました。

まぉさんがうちの子になってすぐのこと、
のりちゃんも実験しました。

私の布団の上で、
背中を下にしたまぉさんを
パッとはなすと、なんとまぉさん、
そのまま背中からドテッと着地したのです。

のりちゃんも私も、
落とされた本人(本猫)のまぉさんも
一瞬ポカンと目を見合わせました。


野良猫として、
たくましく生きてきたまぉさんは
当然身体能力が高く、そんなことは
お茶のこサイサイで出来ると思っていたので、
とても意外に感じました。

「まぉさんって、意外とどんくさいんやぁ。」
「布団の上で、やってよかった」

それからみっち家では、
まぉさんの平衡感覚についての実験は、
禁止になったので、
まぉさんの名誉回復はしていません。



f:id:cogioya:20191110072040j:plain

「あの時はちょっと油断していたのよ!」

虐待

一才の我が子を

エアガンで撃って虐待していたという

夫婦が逮捕されました。

 

その子の直接の死因は肺炎でしたが、

身体中にエアガンで撃たれた痕が

あったそうです。

 

確かに一才の子供は、

自分では何も出来ないし、

言い出したら、

『ちょっと待ってね』

が、きかないので、

イライラすることもあるでしょう。

 

けれども 一番可愛いときでもあります。

 

今、

虐待のニュースがあとをたちません。

昔からあったけれど、

報道されなかっただけなのか?

今が、急に増えたものなのか?

わかりませんが、

総ての子供は、

可愛がられる権利があると思いたいです。

わずか一才で実の親から虐待されて

生を終わる人生なんて

かわいそう過ぎます。

どの子も、

幸せに育ってもらいたいものです。



f:id:cogioya:20191109072319j:image

「みんなが仲良く暮らせればいいですね。」

藁と思い出

稲刈りの終わったたんぼには、

かわいいインディアンのテント、

ティピーのような、藁塚が出来ました。

 


f:id:cogioya:20191108071641j:image

 

昔は、藁で、縄をなったり、

筵を作ったりしたので、

藁を乾かすためにこのような塚が

よく作られていました。

もっともっとたくさんの藁で、

背よりも大きな塚が

いくつも作られていました。

 

お転婆だった私は、

この塚に

登っては、滑り降り、

  登っては、滑り降り、

滑り台遊びをして、

塚をメチャメチャにしてしまい、

家に苦情が入った事がありました。

あの時の田んぼのおじさん、

ごめんなさい。

 

いまは、稲を刈りながら、

細かく裁断して、そのまま田んぼに

撒いておき、鋤きこんで

肥料にしてしまうことが多くなり、

このような塚を見ることは

少なくなりました。

 

久しぶりにこの塚を見て、

幼い頃を思い出しました。

 


f:id:cogioya:20191108073123j:image

「お母さん、悪い子だったの?」

叱られてからは、一度もやってないよ。

 

手編みのカーディガン

私が、参加している手芸サークルで、

カーディガンを編みました。

少しラメの入ったシャリ感のある

ダイヤコスタルナという夏糸で

夏の間、少しずつ編んでいて、

夏が終わる今になって

やっと編み上がりました。

 


f:id:cogioya:20191107070321j:image

 

「今どきカーディガンなんて着るのは

お母さん位だよ。」

と、のりちゃんに言われましたが、

私はカーディガン、好きなんですよねー。

 

あまりおしゃれな人間ではないので、

身につけるものはどちらかと言えば、

おしゃれより、その日の気温に合わせて、

快適な物を選びます。

 

そして、カーディガンは、

微調節に丁度よいのです。

脱ぎ着が楽ですし

(被りだと、髪がクシャクシャになります)

 

サッと羽織ったり、

しっかりボタンを掛けたりでも、

暖かさが違います。

のりちゃんの、暴言に負けずに

着るつもりです。

 

 

 

 

運動のご褒美

私と息子ののりちゃんは
リングフィットアドベンチャーという、
フィットネス系のゲームをしています。

「俺たちが10日坊主にならないためには
こ褒美が必要だ。」
と、のりちゃんが言った。
(あれ、デジャブ?)
というわけで、今日のご褒美。

f:id:cogioya:20191106062907j:plain

chorks DAINERの
ガーリックマッシュルームバーガーです。
いつもは、ガーリックは
選ばないのだけれど、
明日はシフトに入っていないので、
ガーリックでもいいよね。

あっさり塩胡椒の効いた
美味しいハンバーガーでした。
ソースたっぷりもいいけれど、
これも又、美味しい。
次の日シフトに入っていない日は、
又、頼んじゃいます。

そして又、ダイエットが
遠ざかりました………

さくらさんちの忠犬

今日、テレビを見ていたら、
動物のかわいいビデオの番組がやっていました。

そのなかで、飼い主が留守の間、
ペットの犬は何をしているか
実験していました。

演歌歌手の『さくらまや』さんのいえで、
さくらさんが留守にしている間を
録画して、二匹の犬が、
何をしているかを検証しました。


二匹の犬は、さくらさんが外出すると、
三十分も玄関で待機していて、
その後は、リビングに移ったものの、
外で物音がする度に
何回も何回もさくらさんが帰宅したかと思って
玄関に走っては、がっかりして戻っていました。
最後に鍵の音がすると、超特急で
お出迎えをしていました。

本当にさくらさんの事が好きなんだなぁと
可愛かった。


対するポーちゃんは、
私が帰宅しても、
ヘソ天で、大の字になって寝ています。
どーゆーこと?

ご飯の時は、大喜びでコギダンスするくせに。
私の値打ちはご飯だけ?



それでもいいのです。
ポーちゃんの長所は
おバカさんってわかっています。

f:id:cogioya:20191104213310j:plain

誰の落し物?

散歩をしていて不愉快なもの。
それは、他の犬の落とし物。


今朝も(昨日の日曜日)、
私はポーちゃんと、
のんびり散歩を楽しんでいました。

前から柴犬を連れた父娘が。
とたんにソワソワするポーちゃん。
(ポーちゃんは犬が苦手。)
「おはようございます。」
と、すれ違います。

しばらく歩くと、犬の落とし物が。
(もしかして、さっきの父娘?
そういえばあの二人は
手ぶらだったような………)

ここで、無視して通りすぎるには、
あまりにも葛藤があります。
後から来る人に、
(さっきのコーギーのか?)
と思われる可能性があります。

犬を飼う前は、
(連帯責任として、同じ犬飼さんが、
処理すればいいやん。
処理袋も、持っていることだし。)
と、思っていたのですが、
いざ、その立場に立つと
なかなかに抵抗感があるものです。
なんと言っても、排泄物ですから。
ポーちゃんのは許せても、
他の犬のは、触りたくもないのです。
なので、私が
他人の(他犬の)落し物を片付けるのは、
半々の確率です。

それに、処理をしない人からすれば、
昨日(先週)放置したものが、
失くなっている。
雨で(風で)きれいになったんだなぁ。
じゃあ、今日もそのままでいいや。
と、思うかもしれません。
なわきゃあないやろう!
自分の犬のは、自分で処理しなさいよ。


でも、こんなものを放置していたら、
すべての犬が
悪いことになってしまいます。
散歩をしていて、
暖かい眼差しを
感じることも多いですが、
厳しい視線が突き刺さってくることも
たまにあります。
きっと、
何度も嫌な思いをされたんだろうなぁ。
と、心苦しく思います。
その方はきっと、
すべての犬が嫌いで、
すべての犬飼さんに
不信感を持っているのでしょう。
申し訳ない気持ちになります。

それに私は、なんと言っても
『ふんは持ち帰りましょう』の
看板を見たくないのです。
散歩をしていて、
のんびりリラックスした気持ちが
だいなしです。

と、いうことで、
今日のところは、
私が処理しておきました。

次は、自分で処理しなさいよ。
幼い娘さんが、常識はずれに
育たないようにお父さんが
お手本を見せないといけないですよ。


f:id:cogioya:20191103202803j:plain

「アイドルは
トイレには行かないのよ。」
ポーちゃんはちゃんとしています。
そして、お母さんが
ちゃんと片付けています。

リングフィットアドベンチャーその後

息子ののりちゃんと
リングフィットアドベンチャーという、
ゲームで、運動を始めて10日ほど。

f:id:cogioya:20191103072030j:plain


毎日筋肉痛です。
特に朝が痛くて、
ベッドから立ち上がるときには
体を引っ張りあげる様に動かさねばなりません。


毎日体が痛いので、
ゲームは毎日はやっていません。
筋肉痛のひどい日は
私のYouTube先生とヨガをします。
ゆっくりと体を伸ばしたり、負荷をかけたり、
アラ還の私には、無理をしない良い運動です。


けれどもリングフィットアドベンチャー
やっていて思うのは、
「あぁ、ここにも筋肉があるんだぁ。」
というものです。
心臓が動くのが当たり前のように
筋肉があるのは当たり前で、
普段は意識していませんが、
整形外科病院に張ってある筋肉のポスターと
同じだけの筋肉が自分にも
備え付けられているんだなぁ。
普段何にもケアしてあげていないなぁ。
と、感じます。

普段そこにあることすら
意識していない筋肉を伸ばす動きが
とても気持ちがいいのです。

あぁ筋肉の老化を少しだけ遅らせる事が出来たなぁ。
このゲームをやらなかったら、
この筋肉は、存在価値を認められないまま
縮こまっていたんだなぁ
と思いながら、運動をしています。


ゲームは
「もう少し重い負荷を掛けたらどうですか?」
と、おだててきますが、
おばさんはそんな甘い言葉には引っ掛かりません。
今でも充分体が痛いのですから。